中高年の就職レポート【最新版】

*

中高年の転職と入社手続きについて

      2016/01/18

内定通知をもらったら・・・

 口頭で返事するだけでも内定受諾になります。よくよく考えてから返事しましょう。受諾した内定を後日取り消すと損害賠償を求められるケースもあります。

 それから内定受諾する前に、給与額など最終の面接の際に決まっていない人の場合は、交渉の最終タイミングになりますので、気合いを入れて話し合いをします。転職エージェントから紹介された会社ならそういった手続きを転職エージェントが代行してくれます。

入社する前に「雇用契約書」をよく読んでおこう!

 自分の労働条件が書いてあるのですから自分でよく読んで不明点がないようにしておく必要があります。勤務地や拘束時間、残業について、給与の計算方法について、有給について、といった基本的な労働条件についてまとめてあります。

 雇用契約書を交付しない中小企業もありますので、その場合は自分で書面を作成して会社の印鑑をもらうようにします。

社外になんでも相談できる人を持とう!

 入社してからしばらくの間は社内の注目の的です。自分から積極的に挨拶をするようにします。ストレスがたまるかもしれませんが相談できる人を社外に持つようにしましょう。

【関連記事】
中高年の転職希望者なら円満退職がベスト!
中高年の転職と必要な退社手続きについて
中高年の就職と試用期間の考え方

 - 退職・入社の準備をする

  関連記事

中高年の就職と試用期間の考え方

試用期間の定義と意味  中高年の就職がキャリア採用であったとしても、試用期間を設 …

中高年の転職と必要な退社手続きについて

「退社」と「退職」の違いについて混同していませんか?  応募書類を書いていて、“ …

中高年の転職希望者なら円満退職がベスト!

なぜ円満退職をしなければならないのか?  辞めたら縁が切れるのだから、円満退職な …