中高年の就職レポート【最新版】

*

中高年の転職と必要な退社手続きについて

      2016/01/18

「退社」と「退職」の違いについて混同していませんか?

 応募書類を書いていて、“・・・ん?!”と思ったこともあるでしょう。「退職」と「退社」は厳密に使い分けなければいけないのでしょうか?辞書的にはどちらも「会社を辞める」という意味で用いるので、どちらでも可です。

 しかし口頭、特に電話では「退職」と「退社」を使い分けるのが社会人としてのマナーになっているようです。

「退職理由」を語らないほうがよい理由って?

 自分から会社を辞めると告げると、退職理由を聞かれるかもしれませんが、「一身上の都合」とだけ回答したほうが無難です。後任がすぐに見つかりそうにないなど事情があれば、会社が何としてもあなたを引き留めにかかるかもしれません。

 泣き落とされたり、脅されたりすることもありますが、一度辞めると決めたら意思を貫きましょう。

辞める会社に返却するもの・受け取るものを確認しよう

 会社の経費で買ったものは全部備品ですから、会社に返却をする必要があります。データ類は特に注意しましょう。

 それから健康保険証も返却します。雇用保険被保険者証や年金手帳は会社から受け取るようにします。

【関連記事】
中高年の転職希望者なら円満退職がベスト!
中高年の転職と入社手続きについて
中高年の就職と試用期間の考え方

 - 退職・入社の準備をする

  関連記事

中高年の就職と試用期間の考え方

試用期間の定義と意味  中高年の就職がキャリア採用であったとしても、試用期間を設 …

中高年の転職と入社手続きについて

内定通知をもらったら・・・  口頭で返事するだけでも内定受諾になります。よくよく …

中高年の転職希望者なら円満退職がベスト!

なぜ円満退職をしなければならないのか?  辞めたら縁が切れるのだから、円満退職な …