中高年の就職レポート【最新版】

*

応募書類や添え状での注意点

   

①添え状を有効活用しよう
 応募書類を企業に送付する際には、忘れずに添え状を添付して送るようにしましょう。添え状の添付は決して必須ではありませんが、できることなら添付することで少しでも応募企業のイメージアップを図りましょう。特に中小企業では好印象をもってもらえる可能性も高いです。なぜなら、大企業の場合は数多くの応募書類が送られてくるため、いちいち添え状がついているかどうかなどは気にする暇がないからです。しかし逆に中小企業の場合は、応募者の分母が少ないため、細かいところまで気にすることが多くなります。ですので特に中小企業に応募する際には、少し面倒でも添え状を添付することで少しでも良いイメージをもってもらえられるように心がけましょう。

②添え状の書き方とは?
 添え状の書き方はご存じでしょうか。いざ添え状を添付しようと思って書いても、書き方がキチンとしていなくては逆にマナー違反となり、悪い印象をあたえてしまうので注意が必要です。添え状に書く内容は、日付、送付先、自分の情報、題名、本文(挨拶、自己紹介、用件)、同封書類が何か、記書き、以上、です。書く内容はほとんど決まっているため、本やネットでも調べればテンプレートがみつかりますので、是非探して参考にしましょう。せっかく添え状を添付するのですから、不備のないしっかりとしたものを添付しましょう。

③応募書類の送付方法とは?
 応募書類を送る時には、その送付方法にも注意しないといけません。まず1番気をつけないといけない点は、できるだけ丁寧に封筒の文字を書くことです。封筒の宛名は1番最初に目につく場所なので、ここが汚いとそれだけで悪いイメージになってしまいます。また、意外と忘れがちなのが書類をどのように封筒に入れるかということです。表から順に添え状、履歴書、職務経歴書の順番で入れましょう。そうすることで、最初に添え状を見て何が入っているかを確認したうえで内容を確認することができます。また、封筒裏には投函日も忘れずに記入しましょう。細かい部分の書類の送付の仕方にもしっかりと注意することで少しでも好印象をもってもらえたら、いざ面接になった時により有利に面接を進められるのではないでしょうか。

 - 就職時のマナーや手続き

  関連記事

MS251_memotonewsp500
面接後の返答期日や内定通知後の手続き

①内定通知を貰った後の手続きとは?  中高年で転職をするのは、若い人が転職するの …

gf1420320555l
中高年のビジネスマナー

①知っておきたいビジネスマナーとは?  中高年ともなれば、流石にビジネスマナーの …